まめランドの森

日々のfragment、もうそう、読んだ本やなんやかや

book

亜さん、井伊さん、うえおかきくけこさん

美男子なのできっと薔薇が似合う亜愛一郎は 泡坂妻夫のとても楽しいミステリ・シリーズに 出てくる名迷探偵です。いや、迷じゃないな。 とても不思議なものの見方ができる 頭の良い人です。しかも、 「その男は、色が白く、 ギリシャ彫刻のように整った顔だ…

消えた消防車〜マルティン・ベックシリーズ

昔住んでた家の 応接間(昭和な間取りですね)と 居間の間にガラス戸があって、 父親はガラス戸と居間の家具との隙間に 読み捨てたSFや推理小説の文庫本を 山と積んでいた。 小学校低学年の頃から硝子戸のすきまから 本を取って勝手に読んでたので、 今思え…

殊能将之を読む。

殊能将之は、ちょっと気になってたけど 今まで読んだ事なかった。 殊能将之(しゅのう・まさゆき) 1964.1.19-2013.2.11 日本の推理作家 生前は覆面作家として執筆 1999年「ハサミ男」でメフィスト賞受賞 なんの気なしに読み始めたら 沼にはまってしまいまし…

「パタゴニア」

「パタゴニア」が文庫になった。 私は南半球に行ったことがない。 最初の職場に、若い頃ブラジルで暮らしてた人がいて、 彼の南米話は相当ワイルドかつ面白かったので、 密かに怖がりつつ興味のある未踏の大地でした。 ドラム缶にお湯入れて風呂入ってて、 …

満願、その他

米澤穂信が編んだアンソロジー「世界堂書店」は、 いわゆる'' 奇妙な味''の作品が詰まっていて、 読んでて楽しかった。(パノス・カルジネスとか初めて知ったし) 泡坂妻夫の「椛山訪雪図」 が好きだってどこかで書いてらして、 う〜ん、趣味が合うかもと思…

大正から昭和のはじめ

近頃、河出文庫で立て続けに昔の探偵小説が出るので、 ついつい追いかけてしまっている。 森下雨村の「白骨の処女」「消えたダイヤ」、 甲賀三郎の「蟇屋敷の殺人」... 久生十蘭や日影丈吉の作品集を出し始めたころから、 おやおやと注目していたのだが、 い…

はるのにわ

柴崎友香の「春の庭」に 近所の空き家にすごく執着を持つ人物が出てくる。 (この人の本、ぜんぜん読んだことなかったが思わずジャケ買い) そこまでいかないけど、 通るたびに観察してしまう、気になる家というのはある。 昭和初期の洋館みたいだけど、 今…