まめランドの森

日々のfragment、もうそう、読んだ本やなんやかや

たべものカレンダー

英国首相官邸ネズミ捕獲長のtweetによると、

今年の2月13日は「パンケーキの日」だそう

な。(毎年移動)

いま初めて知った。

f:id:mameland:20180214210040p:image

 f:id:mameland:20180214210105j:image

キリスト教圏では四旬節

(期間中断食というか肉・卵・乳製品を

食べるのを控える--教派によるようです)の

前にパンケーキを食べるそうで、

キリスト教の学校にいたことあるけど

知りませんでした)

商魂たくましい日本の食べ物業界が

飛びつきそうなんですが、

f:id:mameland:20180214183903j:image

(↑これは単に近所の教会)

St.バレンタインに駆逐されてる感じ。

 f:id:mameland:20180214220152j:image

面白いチョコもらった。

ビートルの中にはアーモンドのつぶ。(ひとり一台)

 

こういう何月何日に特定の物を食べる、

という約束事って面白いですね。

世界中すべてのそうした決まり事を

履行していったら、

365日決められたものを食べることに

なるんじゃないかとすら思います。

 

というと大げさですが、うなぎ、恵方巻

"今日は○○を食べる日"というのは多い。

京都というのはそういうのが多いところで、

--しかし他所だって知らないだけで

約束事はいっぱいあるはずですが、

そのへんどうなんでしょう。

知り合いのお母さんが

いわゆる「室町の商家」の出の人で、

その方の意見では「食べるもん決まってるから

考えんでエエやん」とのことです。

なるほど。

商売やってる店は、

家族みんな仕事してるから、

家事は無理しないというようなところが

あって、生活の知恵なのかもしれない。

しかし例の杉本家の行事予定など見ていると

それをこなすだけで

一生が終わるんではとすら思いますが、


当然、現代を生きるワタシどもは

省略・改変をしまくっております。

 f:id:mameland:20180214210143j:image

京都検定の勉強してる人のブログなど

見てると、(そんなものは知らん・・・)と

いうものが結構あり、

(ワタシが住んでいるのは京都ではないのかも

しれない・・・)などと思う今日この頃。

 

西陣の北のはずれに住んでいる

   勤め人家庭の非伝統的食べ物カレンダー】

 

1/1 雑煮がすでに白みそではない。

   うちは「おすまし」で丸餅。

   ぶりorはまぐりを投入。

   これは母方の祖父(岡山出身)、

   私の父親(高知出身)が共に

 「白みそだけはカンベンしてくれ~」と

   言ったからだそうな。(伝説)

   母方の祖母は滋賀県出身だったのですが、

     ここはなんのお雑煮だったのかな。

   鯛は高価いし置き場所もないので

     大きなえびの焼いたのを食べます。

     よって鯛をにらんだりしない。

1/7 七草がゆって食べたことがない。

1/15 余ったもちをぜんざいにぶち込んで

     消費する。

・鯛ですが、

   母方の祖母の時代は住人も多く、

 「にらみ鯛」やってたみたいで、

   最後は余った鯛と焼き豆腐を

   炊いてたそうです。

   (それは美味しいかも)

 

1/20 骨正月 ブリや鮭のアラと大根の煮つけによる

  最終処分日とされている。

  近所で定食食べたら「鯛のアラのおすまし」

    が出てきて、ホントにクリアスープだけで

  (鯛どこいったんやろ・・・)と思った。

2/3 鰯・畑菜のからし和え・豆まき・恵方巻

    私は鰯は苦手だ。

    豆は回収が面倒とのことで、甘納豆を

    食べた。我が家に恵方巻の習慣はない。

    畑菜のからし和えを食べて伏見稲荷

    お参りすると縁起がいい・・・そうなのか。

    ただ食べただけだ。

  (いいのかこんなことで)

3/3 ひな祭 うーん

4-5月のお祭りには鯖寿司を食べる。

 (私は鯖が苦手で・・・^^;)

4月の桜餅、5月の柏餅というのは

    実行してます。

6月 みなづきという三角のお菓子を食べる。

7月 鱧(近所の魚屋の骨切りが荒っぽく、

   地雷が埋められた所を歩くが如し)

8月 お盆は精進料理を・・・ってマサカ、

   みんな集まって近所のイタリアンだよ。

   冬至は普通にかぼちゃの煮ものを食べます。

  

結局お総菜屋さんが行事食だらけになったり、

今日は〇〇の日、と勧められたりするから、

というのもあるかも。

(ちなみに我が家では「おばんざい」という

言葉も使わない。単に「オカズヤ」とか

言ってる)というところでさっきの、

「考えんでエエ」ということになるんかな。

日本の食はお総菜屋と居酒屋で

支えられている。

これにバレンタインだのクリスマスだの

ハロウィンだのが

怒涛のように混入してくるわけで、

日本というのはつくづく文化を雑食している。

 

京都人でございますの人は、

こんなんアカンわとじっとり

お怒りになるかもしれませんが。

 

ちなみに3代住んでなんちゃらとか

言うそうですが、

京都は大量に地方出身者が存在する町です。

だから食べるものも

どんどんremixされていく。

 

とはいえ、何もかもなくなってしまうのは

淋しいので、可能なものは残していきたいと

思います。(と突然しおらしく)

 f:id:mameland:20180214210203j:image

                  職場でもはや義理チョコですらない

                                お菓子が大量流通する日に記す

 

大晦日

f:id:mameland:20171231105415j:image

始めた当初は、

ブログが主でツイッターが従と考えてたけど、

完全に逆になってますね。

 

個人でSNS始めて初の年越しとなります。

そもそもお知らせや書評を

職場(図書館)のツイッターとブログで

やってたのですが、

新しい上司がその辺のセンスと理解が

ひじょーに悪い人で、

いろいろ上手くいかず、

このままでは精神衛生上よろしくないなあ、

と思ったのがきっかけ。

完全な書評サイトにするつもりで

始めたんだけど、

かなり脱線してますね‥。

 

その辺、組織のツイッターとかは、

はっちゃけているようで、

制御されているんだろうなあ。

 

まあ、本人にもどこに行くのかわからない

面白さがあります。

よろしかったら来年もお付き合いください。

一年間ありがとうございました。

よいお年を!

 

2017年に新規にやったもろもろ

・blog開始

twitter開始

・LINE開始(なんと今までやってなかった)

・スポーツジムののりかえ

f:id:mameland:20171231112235j:image

広告を非表示にする

調子に乗って歩いてみる

足が痛くなくなったので、

調子に乗って河原町今出川まで

歩いてしまった。

f:id:mameland:20171123160605j:imagef:id:mameland:20171123160624j:image

風でいちょうが散っている。

f:id:mameland:20171123160728j:imagef:id:mameland:20171123160756j:image

近くを通ったら(ほぼ)必ず

水火天満宮さんにお参りします。

と言うかここの奥の

f:id:mameland:20171123161002j:image

就職の神さんが、

自分にとってはなかなかな霊験あらたかで、

打率8割というところ。

(一番肝心なところではコケましたが、

これは本人が至らなかったとゆーことで)

時々、おかげさまで元気です、

と近況報告。

 

ずっと今出川通を東に。

f:id:mameland:20171123161425j:image

 学生時代から気になっていた

ナゾの建物が今も残ってるのを

確認後、

f:id:mameland:20171123161535j:image

烏丸通に出たら

虹が‥。

(低うくかかってます。写真ヘボですが)

f:id:mameland:20171123161713j:imagef:id:mameland:20171123161727j:image

御所を横目に、

f:id:mameland:20171123161758j:image

ほんやら洞跡もすっかり更地になって

売りに出てた。(意外と奥がなかった)

f:id:mameland:20171123161938j:image

クリスマスが近づくと、

お花屋さんに赤い花が多くなりますね。

 

以上、つれづれなるままに。

 

 

今日の出町柳

水栽培の球根を買い忘れていたので、あわててタネゲンさんへ。f:id:mameland:20171105162910j:plain

天気がいいので河原も人がいっぱいです。(トンビも‥)

f:id:mameland:20171105162952j:plain

本当は枡形商店街に映画館ができると言うので(旧立誠小学校でやってたやつ)見に行ったのですが、まだみたいだった。

f:id:mameland:20171105163019j:plain

人びとは鯖寿司に並ぶ。

 

ところでカサブランカの球根ってすごいですね。赤ん坊の頭ぐらいある。

f:id:mameland:20171105163048j:plain

 

広告を非表示にする

「パタゴニア」

 

パタゴニア」が文庫になった。

 

私は南半球に行ったことがない。

最初の職場に、若い頃ブラジルで暮らしてた人がいて、

彼の南米話は相当ワイルドかつ面白かったので、

密かに怖がりつつ興味のある未踏の大地でした。

 

ドラム缶にお湯入れて風呂入ってて、

上がってから缶の底に黄金色の大蛇がいて

ピストルぶっ放したとか、そうゆう話。

 

が、この「パタゴニア」は私の想像をはるかに超えていました。

ブラジルよりさらに南、アルゼンチンとチリ両国にまたがった地域。

ブルース・チャトウィンがこのパタゴニアを旅したのは、

フォークランド紛争の起きる数年前。

 

祖母の家にあった一枚の毛皮から始まり、

王になろうとした男、両足のない亡命ロシア人女医、

ルートヴィヒ2世を君主として称賛する老人、

サンダンス・キッド外伝、

ガウチョに船乗り、インディオたち、

ロスト・ワールドに一角獣(!)、

沼を埋め尽くすフラミンゴ、

頭上を旋回するコンドル、

黄金都市の夢、魔法使い集団の恐るべき秘儀、

そしてそして‥なんだか一緒にすごく長い旅をしてきたような気がします。

 

何というか、羅列するだけでも楽しい。

(書きながら思ったけど、映画ネタの多いこと!)

 

多少色付けされてるところもあるそうなのですが、

もうここまで来ると「事実か事実でないかはたいした問題じゃない」

パタゴニアのエッセンスを汲み取ってほしい。

 

どうして僕はこんなところに」の時も思ったけど(これもいい本)、

ブルース・チャトウィンの魅力によるところも多いです。

いつの間にか、すうっと話を引き出しているもんねえ。

とても頭のよいデリケートな人だったんだと思う。

f:id:mameland:20171015183625j:image

 このような方です。(ちょっとStingっぽい) 

広告を非表示にする

夏の終わりの小旅行〜秋の訪れ

9月の終わりに母と琵琶湖に行ってきました。

 

母は長時間歩けないので、

今回はもっぱら

近場で温泉入って食べることに。f:id:mameland:20171015103609j:image

琵琶湖ホテルのモンブラン。なんかこう攻めてる感。

 

久しぶりにミシガンに乗ってみました。

f:id:mameland:20171015103625j:image

シーズンオフはひっそり。

f:id:mameland:20171015103641j:image

あいにくの天気で見晴らしはイマイチ。

しかしぼんやり浮かんでるのは好きなので

それなりでした。

f:id:mameland:20171015103651j:image

高層マンションと妙にクラシックな建物が

混在してる。

滋賀県近江八幡とかに

ヴォーリズの遺した建築がいっぱいあって、

建物を見る旅をやっても面白いかもしれない。

f:id:mameland:20171015110421j:image

何気にこんなものもあるし。(これは以前行った近江八幡某ハリエ城)

 

f:id:mameland:20171015103658j:image

自分用のちいさな船を自転車みたいに使って、

あちこち行ける暮らしってちょっとあこがれます。

f:id:mameland:20171015103706j:plain

f:id:mameland:20171015103713j:image

ミシガンもすこうしくたびれてきた。

その昔、大学出たての頃、サークルの先輩の船上結婚式で

初めて乗ったんだし、ずいぶん長く働いているんだなあ。

f:id:mameland:20171015103719j:image

こちらはビアンカ。こちらのほうが新しいけど、

考えたら乗ったことない。

 

職場に帰ってきたら

すでに秋のお知らせキンモクセイの香りがしていました。

咲いてたのはちょっとなのに、かなり漂ってた。

f:id:mameland:20171015103726j:image

風にあおられて撮影したので訳わからないですね・・・m(- -)m

 

・・・と、9月のことを書いてたのですが、

今満開です。なんか暴力的に芳香です。

f:id:mameland:20171015103745j:plain

キンモクセイは、全体像よりひとつひとつの花がかわいいのです。

手のひらに乗せると星っぽい。

(いま気が付きましたがライラックとかと似た咲き方ですね)

 

バベル展に行く

f:id:mameland:20170915182204j:plain

きょうは遅めの夏休み。

台風が来る前に、懸案だった「バベル展」へ行ってまいります。

f:id:mameland:20170915182217j:plain

中之島のあたりは、結構モダン大阪の面影が残っているので、

ぶらぶら歩いてて楽しい。

f:id:mameland:20170915182235j:image

ダイビルを横目に見つつ、国立国際美術館へ。

f:id:mameland:20170915182250j:image

なぜか北京オリンピックの「鳥の巣」を思い出す建物。

ここまで来て、以前来たことあったことに気が付いた。

昔「絵画の庭」やったとこか。

あの時は奈良美智とかいろんな人の作品が出てて、

なかなか見ごたえがあった。

f:id:mameland:20170915182307j:image

思ったよりすいてて、ゆっくり見れた。

肝心のバベルだけは、やはり人が多くて、

細部については図録を見たほうがよさそうね・・となりました。

 

個人的にはヒエロニムス・ボスがよかった。

この人に「不思議の国のアリス」の

イラストとか描いてもらったらどうかなあ、などと妄想しきり。

 

f:id:mameland:20170915182320j:image

で、ふたたびダイビル

f:id:mameland:20170915182333j:image

↑感心してみてたら、実際に郵便物が投函されてびっくり。現役でした。

f:id:mameland:20170915182346j:image

知らないところではついカレーを注文してしまいます。

(しかし思い切ったカレー。オニクは柔らかかった)

f:id:mameland:20170915182357j:image

大阪で働いてたころは、結構遊びに行ってたけど、この十年ばかり

ご無沙汰で、たまに行くと変貌ぶりに驚きます。

行きは京阪で、帰りは阪急にしてみました。

梅田のこのあたりは変わってないので妙に安心。

f:id:mameland:20170915182410j:image

それにしてもミュージアムショップに行くと、

乱心していろいろ買ってしまうのはなぜだろう・・・。 

広告を非表示にする