まめランドの森

日々のfragment、もうそう、読んだ本やなんやかや

萩尾望都の「AWAY」

f:id:mameland:20190501095718j:image

 萩尾望都の「AWAY」(全2巻)は、"flowers" 2013年6月号から2015年8月号にかけて

連載されたSF作品です。


萩尾作品は大概単行本化してから

追いかけているのですが、

これは読み損ねていました。

 

たまたま電子版1巻が無料で読めたんで

DLしたら、面白くて結局紙本で揃えることに。

 

この作品は、小松左京の短編「お召し」に

ヒントを得たもので、

 

ある朝急に世界から18歳以上の大人が

いなくなってしまう。

残された子供たちの生きていくための戦いが

始まるのだが・・・。

 

子供だけが残されてサバイバル、というのは

古くは十五少年漂流記蠅の王とか

(どっちも読んでナイ)多々ありますが、

楳図かずおの「漂流教室」を読んだ時も

感じたけど、自分だったらムリ!

こんなにしっかりしていないとか

いろいろ思ってしまう。

(というか根本的にサバイバル能力がないので

5ページ目ぐらいで死ぬ)

 

でもこの物語には納得の設定があって、

「大震災」のあと、

子供たちも災害時のサバイバル訓練を

受けていたので、

ある程度のことはできてしまう。

(大型車の運転、赤ちゃんの世話、

大量炊事・・・)

 

状況はかなり深刻で、みんな必死なのだが、

おかしくなる子供や、

もともとおかしいのもいるし、

死んじゃったり殺しちゃったりするし、

かなりううとなるシーンもあるのだが、

これは登場人物がみんな若いからか、

ある種の明るさがあるの。

(主人公の女の子は「11人いる!」の

フロルベリチェリ・フロル似)
(11人いる!は続編と合わせて自分的にはもうMASTERPIECE)

 

そして大人だけが残された「HOME」でも

起こりうる状況がよく書けている。

(いやだねー、でもきっとそうなるねー、

という感じ)

 

2巻を入手待ちの間に、

小松左京の「お召し」のほうを電書で

読んでみたけど、

よくこの短い話から展開したなあ。

 

で、2巻。

ネタバレになるのであまり言わないけど、

不気味な白い少年が出てきたり、

食料不足が深刻になってきたり・・・。

いろいろありますが、

宙に放り投げられたというか、

大きな宿題をもらった感じで

突然(と言っていいと思う)終わります。

 

個々の登場人物が結構好きなので、

続きがあれば読みたいのですが__

そして書こうと思えば書けたのではないかと

思うけれど、ここで終わるしかなかったの

かもしれない。

(これ以上書くと完全に「お召し」から

離れてしまう)

 

主人公以外でポイントとなる人物は、

自分にとっては河津くんで・・・。

彼は、状況的には誰かがしなければならない

ことをしたのだが、

もう元の彼ではない。

重いものを背負ってしまったなあ。

静かで目立たないが、大きな人。

 

しかし18歳までしかいない世界というのは、

人を早く大人にしてしまう。。。

 

もう一つ気になるのは、

あのうっかりAWAYの世界に残ってしまった

大人のおじさんは永遠に

(AWAYとHOMEが合体するその日まで)

戻れないんだろうか。

f:id:mameland:20190501105829j:image

そして、そして、未来が「そうならないには」どうすればいいのか。

 

春るるる。

f:id:mameland:20190323090845j:image

さて、ご無沙汰しております。

 

なんかバタバタしてて、

超低浮上となっておりますが、

げんきです。

f:id:mameland:20190323094922j:image

 

年度も変わるし、ブログのほうも

再開しましょう、と思っています。

(思っています)

 

ゆっくり本を読む時間を作って、

ゆっくり考える時間もできますように。

 

放送大学のほうは、

そろそろ内容を絞って、

心理学と社会学の境目みたいなことを

勉強していこうかと

思っています。

 

もうすぐ桜が咲くけれど、

去年の台風で随分ダメになってしまい、

どうなるかなあ。

f:id:mameland:20190323094944j:image

(これはお菓子の桜。これをtwitterにあげたら、結構海外の人からいいね、をもらったのだが、砂糖でできてるんだ。砂糖なんだよー・・・オレの語学力(。。)

 

お別れとあたらしい出会いの

交錯する季節に。

f:id:mameland:20190323095036j:image

 

 

チーズとうじ虫

f:id:mameland:20181224133527j:image

11月は家族の思わぬ入院騒ぎで

ブログをすっ飛ばしてしまった…って

もう年の暮れだよ!

f:id:mameland:20181222180218j:image

そして来月末には放送大学

単位認定試験である。

なにもしていない。なーにもしていない。

 

今回は「ヨーロッパの歴史1」で、

暗記テストではなく、いくつかお題が出て、

好きなの選んで論述するというもの。

持ち込み可なので、先にヤマ張って

文章作っとく。

 

なにが出るかは過去問を分析。

古代から近代までかなり幅広い範囲だけど、

そもそも中世をやってみようと思ってたので、

そのへんやってみまっす!

 

しかし中世に関する自分の知識としては、

映画「薔薇の名前」ぐらいのもんなので、

f:id:mameland:20181222230815j:image

(寒そうだね)

もうちょっと補強しましょう…。

(教科書を読み返すとかしない人)

 

カルロ・ギンズブルグ

チーズとうじ虫

父親の蔵書の中にあって、

子どもの頃から「変わった題名やなーっ」と

思ってた本です。

 

大人になってから、中世ヨーロッパの

話と知った。

 

現在のイタリア北部、フリウリ地方の

粉挽き・通称メノッキオ。

【自分の頭で考えた】様々なことを、

まわりの農民たちに語ったため

異端の疑いをかけられ、

最終的には火炙りにされてしまうのだが…。

 

どんなことを言ったか

「すべてはカオスで、チーズからうじ虫が

わき出るように、カオスから天使が出てきた」

処女懐胎はありえない」

「キリストは人だ」

と、教会からするととんでもないことを

周りの農民たちに言い、議論を吹っかけた。

 

当時の粉挽きは、インテリだったのかな。

そうでもないのか。

でも彼は、読み書きができた。

そういうことを教えてくれる学校が

あったようだ。

f:id:mameland:20181222231241j:image

メノッキオが独創的な考え方を

持つに至ったのは、

この時代、印刷術の発達により、

多様な書物を手にすることができ、

いろいろな思想や見聞に触れることが

できたからだ。

f:id:mameland:20181222230240p:image

書物は、自分で買ったり、人に借りたり

していたようだが、

聖書の略述記、マンデヴィルの旅行記

マルコポーロっぽい)や、コーランまで

読んでいた可能性がある。

そしてこれらはラテン語ではなく、

民衆の話し言葉で記されていた。

知識は限られたエリートだけのものではなく

一般の人々のところまで

下りてきていたと言うこと。

 

普段農民たちに自説を語っていた

メノッキオが、【博学な】【知識階級の】

聞き手である異端審問官との討論を

ある種の陶然となる体験と捉えていたと

いうのは、皮肉で面白い。

(ヤバイながらもやっと歯応えのある

論戦相手ができたというところ)

 

ところでメノッキオの住んでいた

フリウリ地方は不思議なところで、

古い農耕儀礼のなごりである

ベナンダンティ」といった人々がいたり、

地元の教会があまり中央の言うことを

聞かなかったり、

今のスロベニアオーストリアなど

違う文化と隣接してるためか、

少々変わったことでも容認する

空気があったようだ。

(最終的には異端とされるにせよ)

f:id:mameland:20181222230309p:image

(ほんとにイタリアの端っこ)

f:id:mameland:20181222230230j:image

だから農民たちもメノッキオが

(またヘンなこと言ってる…)ぐらいに

思っていたようだ。

(←告発したのは仲が悪かった司祭。)

 

なぜメノッキオは語らずには

いられなかったのか。

知る喜び、考えを組み立てたり、

人に自論を語る愉しさを

知ってしまったから?

 

……

 

さてこれは、読み返し型読書に

なりそうなので、行きつ戻りつ

ゆるゆる読むことにします。

(間に合うのか)

 

でも、

人と違うことを考えたり、言ったりすると

殺される世界って、怖いですよね。

f:id:mameland:20181222225039j:image

 

 

 

コンサートホールに週二回行った話

f:id:mameland:20181014201017j:image

なぜか音楽の秋になっていて、

先週の日曜は、

ピアノレッスンを復活した妹の発表会。

子どもから大人まで参加の発表会ですが、

うーん、子どもたちの衣装すごいな、

自分が子どもの頃は、せいぜいこぎれいな

ワンピースぐらいでしたが。

(あれは借りるのだろうか)

 

年数だけは踏んでいて、

大抵の曲は頭に入ってるので、

(あっ、そこ違う)(ドファラや〜っ)

(飛ばしすぎじゃ、落ち着け)

など、いろいろ思いつつ拝聴していました。

 

しかし時々(これは上手いなあ‥)という

逸材がいまして、先々楽しみです。

音じゃなくて、ちゃんと曲になってる。

10歳ぐらいでみんなを引き込む演奏が

できるって、すごいね。

このまま伸びていってほしいと思うぞ。

 

妹は、モーツァルトソナタ

まあ、あんなもんだろう。上出来では。

f:id:mameland:20181014201048j:image

しかし人が舞台で弾いてると、

もらもらと弾きたい欲が湧いてきますねー。

(当方、ン十年師事してきた先生が

隠居されたため、現在は独習中)

 

同じ週の土曜日、

今度はプロの演奏を聴きに同じホールに。

(ピアノがカワイからスタインウェイ

変わっていた(^.^)

 

京都市とパリがお友だち60周年で、

ドビュッシー没後100周年でもあるため、

3連続コンサート。

f:id:mameland:20181014201101j:image

今日は初期から後期作品を

概観する形でピアノ・デュオ。

初期はアラベスクとか、

ピアノを習う子ならお馴染みの

きれいな曲。

 

しかし個人的には、あとの方の、

渋めの曲がいいかな。

(弾くのはとても難しくなるのですが)

 

京大人文研の岡田先生が解説されたように、

ドビュッシー、なかなか大変そうな人生で

(自業自得なところがあるとは言え)

そういうもろもろが、音楽にも

影を落としていくのでした。

f:id:mameland:20181014201123j:image

この辺は、青柳いずみこの著作にも詳しい。

ドビュッシー―想念のエクトプラズム (中公文庫) https://www.amazon.co.jp/dp/4122050022/ref=cm_sw_r_cp_api_glYWBb80Y6NKB

 

続きは来月、今度は室内楽の方面から。

また、ドビュッシーの違う顔が見られそうで

楽しみです。

 

今夜は久しぶりに、

子供の領分」でも弾いてみよう。

 

 

 

 

 

9月の空

f:id:mameland:20180909125405j:image

しばらくご無沙汰してました。

 

暑いのが一段落するかな、やれやれ

と思ったのもつかの間、

9月は自然災害に振り回される月に

なってしまった‥。

f:id:mameland:20180909125649j:imagef:id:mameland:20180909125658j:image

学校は倒木で資材置き場みたいに

なっちゃったし

f:id:mameland:20180909125811j:image

(バス停の屋根が緑化していた)

 

f:id:mameland:20180909125906j:image

図書館の二階は水浸しだし

(その前の地震で天窓のアクリル板が

外れてしまったらしい。アウトドア状態)

 

屋根瓦が飛んだ家も多いけど、

とにかく修理が追いつかない。

(しかも昨日、今日、明日と雨だ)

 

もう当分台風はいらんのですが、

これからはこう言う規模のが普通に

なるのだろうか。

それだと竜巻シェルターみたいな家に

住まねばならないよ。

 

今回一番びっくりしたのは、

家から50メートルぐらい離れた山

(岩盤なので土砂崩れはないとされていて、

実際今まで聞いたことなかった)が

こーなってたことですわ。

f:id:mameland:20180909131017j:imagef:id:mameland:20180909131020j:image

↓2018春の写真

f:id:mameland:20180909131232j:image

桜があるのは正面なんで、

ちょっと場所はずれるけど、

木が消えちゃったよ。どこいったんだ?

 

 

気を取り直して夏花写真、

貼っときます。

f:id:mameland:20180909131530j:imagef:id:mameland:20180909131543j:imagef:id:mameland:20180909131559j:imagef:id:mameland:20180909131613j:imagef:id:mameland:20180909131623j:imagef:id:mameland:20180909131642j:image

地震にあった人も、台風や大雨にあった人も、

みんなが早く

落ち着いた暮らしに戻れますように。

 

本日のカモガワ

f:id:mameland:20180706180903j:image

今日は、職場も自宅も避難指示が出たため

早仕舞いして帰ったのだが、

バスで北大路橋を通ったら、なんか川全体に

モヤがかかっている。

f:id:mameland:20180706175713j:image

f:id:mameland:20180706175742j:image

気になるので引き返して見に行ったら

(ヤジウマなもんで)

モヤじゃなくて、

あまりの水の勢いで水煙が上がっていたの

でした。オソロシイ。

f:id:mameland:20180706175941j:imagef:id:mameland:20180706175951j:imagef:id:mameland:20180706180008j:image

こんなの初めて見たなあ。

鹿、オオサンショウウオ

ヌートリアといろんな動物の目撃情報が

ありましたが、あの勢いだと

大丈夫じゃなさそうだなあ。

 

自分の住んでるあたりで

避難指示とか出たのは多分初めてで

おっかなびっくり帰りましたが

雨も小止みになってて平和なもんでした。

ただ、雨に打たれた

クワの枝が道に張り出して来てるので

これをなんとかしないと。

f:id:mameland:20180706180047j:image

 

 

みなづき

f:id:mameland:20180630003951j:image

関東甲信越は梅雨明けらしいけど、

こっちはまだまだ雨模様。

f:id:mameland:20180630004056j:image

近所の神社の境内に

茅の輪が出現していました。

f:id:mameland:20180630004217j:image

6月30日に輪をくぐって

無病息災というもの。

 

(しかし夕方に通ることが

多いので、終わってしまっている。

みんなアレを持って帰ってしまうので、

バラバラになってしまっております。

厄になるからアカンと言う説と

魔除けになると言う説が

あるみたいだけど‥)

 

というわけで、輪くぐりはしませんが、

水無月は食べます。

f:id:mameland:20180630005031j:image

全国的に食べてると思ってたんだけど

そうじゃないみたいね。

ローカルフードでしたか。

 

今年はショーゲキ的なことに、

買って帰ったら、

家の人も買ってた。

2日続きで食べることに‥。

ま、いいんですが。

f:id:mameland:20180630005336j:image

(奥のは栗入り、手前は抹茶です)

ベーシックなのは白で、ほかに黒糖とかある。

ツイッターでニッキとか言っちゃった

けど黒糖ですよ。しかしニッキも

あるかも)

 

昔、勤め先で30㎝×30㎝

(もっとあったかも)ぐらいのを

もらって仰天したことがありますが、

どう切るねん‥と思ってたら、ちゃんと

切れ目が入っていた。

平たいバットみたいなものに流し入れて

蒸してから三角に切って売るもので

あることを知った。

 

むちゃくちゃ美味しいって

ものでもないのですが、

この季節がくると、なんとなく

食べたくなっちゃうのね。

f:id:mameland:20180630010522j:imagef:id:mameland:20180630010539j:image

あと一週間もしたら梅雨明けかなあ。

f:id:mameland:20180630010721j:image