まめランドの森

日々のfragment、もうそう、読んだ本やなんやかや

沖縄の夜

三軒目ぐらいになると、浮遊感が出てきて、

現実と夢のどちらがわにいるのか怪しくなってくる。

 

なぜか隣に座っている見知らぬ人--

髪の長い細身の女の人。後で思うと女装していた人だったかもしれない。

ずっと夜を漂ってきて荒れた肌。澱のようなものを感じる。

 

なぜか異様に二人で盛り上がって、

彼女の友人のオトコノコが、明日沖縄音楽を丸山公園で

演奏するからぜひ見に行こうという話になる。

 

約束したからね。

私は翌日飛行機で北海道に行くことになっているが力強く頷く。

 

そして一緒にいたはずの男はどこへ行ったのだろう。

広告を非表示にする