まめランドの森

日々のfragment、もうそう、読んだ本やなんやかや

「パタゴニア」

 

パタゴニア」が文庫になった。

 

私は南半球に行ったことがない。

最初の職場に、若い頃ブラジルで暮らしてた人がいて、

彼の南米話は相当ワイルドかつ面白かったので、

密かに怖がりつつ興味のある未踏の大地でした。

 

ドラム缶にお湯入れて風呂入ってて、

上がってから缶の底に黄金色の大蛇がいて

ピストルぶっ放したとか、そうゆう話。

 

が、この「パタゴニア」は私の想像をはるかに超えていました。

ブラジルよりさらに南、アルゼンチンとチリ両国にまたがった地域。

ブルース・チャトウィンがこのパタゴニアを旅したのは、

フォークランド紛争の起きる数年前。

 

祖母の家にあった一枚の毛皮から始まり、

王になろうとした男、両足のない亡命ロシア人女医、

ルートヴィヒ2世を君主として称賛する老人、

サンダンス・キッド外伝、

ガウチョに船乗り、インディオたち、

ロスト・ワールドに一角獣(!)、

沼を埋め尽くすフラミンゴ、

頭上を旋回するコンドル、

黄金都市の夢、魔法使い集団の恐るべき秘儀、

そしてそして‥なんだか一緒にすごく長い旅をしてきたような気がします。

 

何というか、羅列するだけでも楽しい。

(書きながら思ったけど、映画ネタの多いこと!)

 

多少色付けされてるところもあるそうなのですが、

もうここまで来ると「事実か事実でないかはたいした問題じゃない」

パタゴニアのエッセンスを汲み取ってほしい。

 

どうして僕はこんなところに」の時も思ったけど(これもいい本)、

ブルース・チャトウィンの魅力によるところも多いです。

いつの間にか、すうっと話を引き出しているもんねえ。

とても頭のよいデリケートな人だったんだと思う。

f:id:mameland:20171015183625j:image

 このような方です。(ちょっとStingっぽい) 

広告を非表示にする